京都の『相続』はお任せください。

相続トータルサポート <span>by 心グループ</span>

手続の流れ

  • 電話相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

相続の手続について

大まかな流れをご説明します

相続の手続きは複雑な上に、期限があるものがあります。

そこで、相続手続きの大まかな流れをフロー形式で表したものが本ページの図表になります。

相続をすることになった方は、ご参考にしていただければと思います。

相続のことはお早めにご相談ください

相続では、「相続開始前」「相続開始後3か月」「相続開始後4か月」「相続開始後10か月」が大きな期限となります。

「相続開始後3か月」の期限は、「相続放棄の申述ができる期限」になります。

そのため、この時までに、相続財産や自分に相続権があるかどうか等の各調査を完了することが必要となります。

相続人調査は被相続人の戸籍を取り寄せて確認しますが、京都のみならず遠方の戸籍が必要になる場合もあるため、時間がかかる場合が多いです。

なお、相続財産の調査、相続人の調査は、次の「相続開始後4か月」が期限である「準確定申告」の手続きにも、また「相続開始後10か月」が期限である「相続税申告」の手続きにも必須の調査です。

そのため、この「相続開始後3か月」の間に、どれだけスピーディーにかつ正確に財産及び相続人の調査を行うことができるかどうかが重要となります。

このように、相続の流れは一つの手続きが、追って複数の手続きに必要となる場合が多いです。

漏れのない調査と、正確でスピーディーな手続きを行い、相続問題を早期に解決するためにも、一連の手続きをまとめて任せることができる専門家を見つけることが必要です。

相続の期限

また、相続の期限には一部特例や例外があり、一律で判断することはできません。

そのため、「もう期限が過ぎている……」という方も、特例等を使用することができる場合がございますので、専門家にご相談いただくことを強くお勧めいたします。

しかし、例外や特例を使用できる条件は限られておりますので、やはり初期の段階からご相談いただくことが重要です。

様々な相続の問題に対応いたします

私たちは、弁護士や税理士が連携できる体制を整えていますので、ワンストップでの対応が可能です。

京都やその周辺にお住まいの方、お勤めの方は、お気軽にご相談ください。

相続に関する相談料は原則として無料ですので、ご相談をお考えの方は、まず一度フリーダイヤルまでご連絡ください。

お問合せ・アクセス・地図へ