京都の『相続』はお任せください。

相続トータルサポート <span>by 心グループ</span>

事業承継

  • 電話相談へ
  • 選ばれる理由へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

事業承継をお考えの方へ

事業承継は早めに行うことが重要

事業承継で大切なことは、“誰が”引き継ぐのかを“早めに”決めることです。

経営者の方で、「自分は元気だから、事業承継のことはまだ考える必要はない」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、後継者の決定、後継者の育成、後継者への事業の引継ぎ等を行う必要があるので、実際に事業承継を行うまでには想像以上の期間を要します。

何も対策を取らなかった場合、相続人、従業員、取引先といった関係者に迷惑が生じることや、経営自体が傾いてしまう可能性も考えられます。

そのため、事業承継の準備は早めに行う必要があるのです。

事業承継で行うこと

具体的に事業承継では何をするべきなのでしょうか。

まずは、後継者の選定、そして後継者を決めた後には、事業承継計画を考える必要があります。

対策を取らずに相続が発生した場合、遺産には会社の株式も含まれるため、後継者のもとへ集めたい自社株が、法定相続人にばらまかれてしまいます。

後継者へ株式を集めるための交渉を行う必要が生じるため、事業承継が難航することが考えられます。

このような事態を防ぐためにも、事業承継計画を作成し、計画に沿って、①生前に後継者へ株式を贈与する、②死後に後継者へ相続または遺贈する旨を遺言書に明記するといった準備を行うことが重要です。

また、遺言書の内容が、法定相続人が最低限保障される遺産の取得分(遺留分)を侵害していると、遺留分侵害額請求という権利を行使される可能性もあります。

その場合には、遺留分相当額を金銭にて支払わなければなりません。

これを価額弁償といいます。

こういった場合に備えて、後継者が定まり、資産引き継ぎの計画が固まったら、価額弁償分の現金資産をあらかじめ用意する必要もあるのです。

まずは専門家にご相談ください

中小企業にとって、事業承継は非常に重要な問題です。

よりお考えに沿った事業承継を行うためにも、少しでもお悩みの方は専門家へご相談ください。

私たちは、相続などそれぞれの分野に特化した者が相談にあたるため、事業承継についてしっかりとお力添えすることが可能です。

弁護士法人や税理士法人といった各専門家が連携できる体制も整えていますので、節税等の観点もお任せください。

京都周辺にお住まいの方でお困りの方は、当事務所までお気軽にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ