京都の『相続』はお任せください。

相続トータルサポート by 心グループ

遺留分と特別受益の関係

  • 文責:所長 弁護士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2021年11月11日

1 遺留分と特別受益は密接な関係があります

遺留分や特別受益といった言葉は、あまり日常的には使わないため、聴きなれない方も多いかもしれません。

遺留分は、遺産に関する最低限の権利を指します。

たとえば、父が亡くなり、1億の遺産全てを長男に相続させるという遺言書があったとします。

仮に相続人が長男と長女の2人だけだった場合、長女は、遺留分として、長男に2500万円を請求できます。

他方、特別受益は、亡くなった方から生前贈与を受けたり、遺言によって財産を相続したことを指すものです。

たとえば、先程の例で、父が生前、長女に2000万円の生前贈与をしていた場合、長女は遺産の前渡しとして2000万円を受け取ったと考えることができます。

つまり、長女は、すでに2000万円を相続で取得したと扱われ、その分、遺留分で請求できる額は減ることになります。

2 どんなものが特別受益になるのか

全ての生前贈与が特別受益になるわけではありません。

あくまで、遺産の前渡しと評価できるくらいの、ある程度まとまった贈与である必要があります。

たとえば、長女が不動産を購入する際、父が1000万円の援助をしたというケースであれば、遺産の前渡しと評価できる場合が多いでしょう。

他にも不動産を贈与した場合や、高額は貴金属を贈与した場合も、特別受益になる可能性が高いといえます。

他方、父が長女に対して、毎月生活費を数万円援助していたような場合は、親子の扶養義務の範囲内と考えることができるため、特別受益にならないことが多いでしょう。

3 生命保険は特別受益になるのか

たとえば、父が全財産を長男に相続させ、長女には1000万円の生命保険金を渡すようにしていた場合、この1000万円は特別受益になるのでしょうか。

実は、生命保険金は、原則として遺産とは考えられていないため、特別受益にはならないとされています。

ただし、生命保険金の金額が、あまりに高額な場合は、遺産の一部と考えることもあります。

  • 電話相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ